Wolt

Wolt(ウォルト)に出店して加盟店になる方法を解説【レストランパートナー】

Woltレストラン出店方法

スポンサーリンク

フードデリバリーアプリのWolt(ウォルト)に自分の飲食店を出店したいけど、加盟するまでの詳しい方法が知りたい!

  • 加盟の手続き・流れは?
  • 出店するまでに何を準備すればいい?
  • Woltに出店するメリットは?

今回の記事は『Wolt(ウォルト)に出店したい飲食店の方』に向けて、Wolt(ウォルト)に出店するまでの流れを解説する記事です。

『配達員』『注文者』の立場でヘビーユーザーとしてフードデリバリーサービスを利用する私が、数あるサービスの中で最も出店をオススメするのがWolt(ウォルト)です!

Wolt(ウォルト)のデリバリーサービスは『おもてなし精神』に溢れ、配達パートナーも加盟レストランも『注文者を満足させたい』と考える方にはピッタリのサービスです。

本記事では『Woltの概要』『メリット』『出店の流れ』『準備物』等、加盟店としてチェックすべき事を解説します!

是非フードデリバリーサービスに興味があるレストランの方は本記事を読んで頂いて、その魅力を理解して頂けると嬉しいです。

 

 

Wolt(ウォルト)のサービス内容と加盟店の役割

まずWolt(ウォルト)のサービス内容と加盟店の役割について簡単に説明します。

Wolt(ウォルト)はフードデリバリー専用のアプリ

Wolt仕組み

Woltはフードデリバリー専用の『プラットフォーム』です。業界では一番有名な『Uber Eats』と仕組み自体はなんら変わりません。

注文者はアプリから加盟店の料理を注文するだけで家に居ながら食事を楽しむ事ができますし、テイクアウト注文をする事もできます。

Wolt(ウォルト)は2022年までに日本の100都市以上でサービスを開始すると発表していますので、今後の成長が非常に楽しみなサービスです。

Wolt(ウォルト)のサービス内容や魅力をもっと詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご参考ください。

 

Wolt(ウォルト)の加盟店(レストランパートナー)の役割

Woltの加盟店はアプリ上に出店し、自店の提供したいメニューを掲載します。

掲載したメニューが注文されれば、専用の端末に情報が入りますので、注文内容に沿って『調理、梱包、配達員への受渡』までが加盟店の役割です。

配達員とはオーダー番号と注文商品の確認でやり取りする事になりますが、基本的に商品の確認は加盟店(レストランパートナー)の責任区分になりますので、その点には注意しましょう!

 

Wolt(ウォルト)にレストランパートナーとして加盟・出店する事で得られるメリット

WoltデリバリーはWoltだけ

Wolt(ウォルト)にレストランが加盟する事で色々メリットがありますが、以下の5点が大きなメリットです。

ポイント

  1. 人員や車両が不要でデリバリーサービスができる
  2. 新規ユーザー層にアプローチできる
  3. 加盟店の手数料は業界トップの安さ
  4. サポート体制が充実
  5. 高い配達品質

それぞれ少し解説していきます!

 

人員や車両不要でデリバリーサービスができる

Wolt(ウォルト)に出店する場合は、配達はWolt(ウォルト)と契約を結んだ配達員(配達パートナー)が行います。
自社で配達用の人員や車両を準備する事はありません。

自店を出店ページでPRする事で、デリバリーにありがちなポスティングなどの広告費も不要です。
出店の敷居は非常に低いですね!

また出店の初期費用は現在はキャンペーン期間中の為、無料で出店する事ができます。(キャンペーン期間未定)

 

新規ユーザー層にアプローチできる

Wolt(ウォルト)は地域に密着し『おもてなし精神』を重視したサービスで高い顧客満足度を確立しています。

Wolt(ウォルト)の注文者はリピーターの方も多く、出店する事で今までと異なる顧客にレストランのリピーターとして利用頂く機会も多いです。
注文アプリでは『Woltのイチオシ』『Woltの高評価店』『デリバリーはWoltだけ』など魅力的な特集が満載で、しっかり運営する店舗程アピールできるチャンスも増える仕組みもいいですね!

また水色の配達バックや長袖シャツを着用する配達員は街中でも目立ち、認知度はバツグンです!

 

加盟店の手数料は業界トップの安さ

Wolt(ウォルト)では加盟店の売上に対する手数料を取る形で運営しています。
その他の固定費はかかりません。

売上に対する手数料は業界でもトップクラスの安さで『30%』!

Uber Eats(ウーバーイーツ)が35%。5%の違いは利益率には相当大きい差になりますので、加盟店(レストランパートナー)には嬉しいですね!

 

サポート体制が充実

この点が他社サービスと比較してWolt(ウォルト)で出店する一番の魅力だと思います!

Wolt(ウォルト)の場合は加盟店の問い合わせには最大40秒以内での対応する事を公表しており、困った時に頼れる仕組みができています!
またデリバリーの運営に関してもWolt(ウォルト)のマーケティングスタッフが直接コンサルをして、自店舗の売上UPに貢献する施策を一緒に考えてくれます。

他のデリバリーサービスはサポートに関してはイマイチな事が多い中、安心してサービスを提供できるのがWolt(ウォルト)です。

 

高い配達品質

Wolt(ウォルト)では『適正テスト』に合格した方のみが配達パートナーとして働く事ができます。

『適正テスト』は基本的な交通ルールやWolt(ウォルト)の配達ルールがベースになり、それほど難しいものではありませんが、一定の配達品質を保つのに役立っています。

また、その他にも定期的な配達員向けのニュースレターでその地域の交通ルール(商店街の交通ルール)や加盟店への入館方法など地域独自の注意喚起もしており、警察と連携した交通教育にも力を入れています。

配達品質も高く、安心して自慢の料理を預けられる仕組み作りに取り組んでくれているのが目に見えて分かるのもいいですね!

 

Wolt(ウォルト)に直ぐに出店できる対応エリア

Woltは20年3月から日本でサービスを開始していますが、急速にサービスエリアを拡大しています。

以下のエリアでは加盟申請すれば、審査完了後10日程度で出店する事ができます!

現在の対応エリア

※各都市のリンクに対象都市のエリアMAPを掲載していますので、必要に応じてご覧ください!
現在エリア外の都市でも進出間近の都市は加盟申請できますので以下の応募フォームより確認ください。

╲Woltに出店申請する/

Wolt公式ページへ

 

Wolt(ウォルト)に加盟申請して出店する流れ

Woltレストランパートナー

出店の流れ

  1. 公式ページにアクセス
  2. 申し込み情報を入力(店舗情報・法人情報など)
  3. Woltスタッフより連絡
  4. 必要書類提出(営業許可証・口座情報など)
  5. 審査完了
  6. 契約締結
  7. 掲載メニューの撮影(30品まで無料)
  8. 注文受付タブレットを受け取り
  9. トレーニング・掲載メニューの登録
  10. 加盟店舗として営業開始!

Woltの加盟店として登録する場合には『営業許可証・口座情報』などの提出が必要になるので事前に準備しておきましょう!
※メニューの掲載写真はプロのカメラマンが30品まで無料撮影してくれます。
撮影の予定日に合わせてしっかりメニューを準備できるようにしましょう。

╲Woltに出店申請する/

Wolt公式ページへ

 

Wolt(ウォルト)に出店する前に加盟店として準備すべき事

Woltに出店する際には『包装資材』や『wifi環境』などは自前で準備する必要があります。

基本的に準備すべき事は『Uber Eats』と同様ですので、以下の記事をご参考ください。

 

まとめ|Woltへの出店はオープン当初の今がオススメ!

Wolt(ウォルト)は、まだまだ日本でのサービス定着はこれからですが、将来が楽しみなサービスです。

『Uber Eats』で出店していれば、包装方法などノウハウも共通している部分が多いので合わせて今の内に出店する事をお勧めします!

配達前に実際に『注文者』としてサービスを利用してみたり、『配達員』として働いてみるとイメージが更に沸いて店舗運営に役立てる事ができますの一度試してみるのもいいですよ!

最後まで読んで頂き有難うございました!

╲Woltに出店申請する/

Wolt公式ページへ

 

他社への出店も検討している方はコチラの記事もオススメ!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Kazu

▽20年1月:メーカー退職→フリーランスへ ▽2020年3月~UberEats配達パートナー開始へ ▽配達実績:2000件以上 ▽注文実績:200件以上 現在はUberEats/DiDi Food/menu/foodpanda/Wolt/出前館のパートナーとして大阪で稼働中。 ブログ運営を通じてフードデリバリー業界のお得な情報/配達員にタメになる情報を中心に発信します。

-Wolt
-

Copyright© Delivery-Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.