ユーザー向け

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス料って何?手数料の仕組みからお得に注文する方法を解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス料って何?手数料の仕組みからお得に注文する方法を解説

スポンサーリンク

ウーバーイーツのサービス料って何?

よくわからないし、どうやって金額が決まってるの?

  • ウーバーイーツのサービス料とは?
  • このサービス料って無料にならないの?
  • ウーバーイーツのサービス料を安くする方法が知りたい!

今回はこんな疑問にお答えする記事です。

フードデリバリーサービスといえば、一般的に『配達料』がかかるイメージですが、他にも様々な手数料がかかります。

その中でも『ん?』と思うのが『サービス料』ですよね。

本記事でわかること

  • ウーバーイーツのサービス料の特徴
  • ウーバーイーツのサービス料がかからない店舗
  • サービス料や手数料を抑えて注文する方法

今回はウーバーイーツのサービス料について徹底解説します。

本記事を読んで、ウーバーイーツのサービス料や手数料の仕組みを知り、少しでもお得にウーバーイーツを楽しみましょう!

ちなみに、サービス料がかかるのはウーバーイーツだけではないのでそちらも併せて解説しますね。

それでは早速本編にすすみましょう。

 

 

▼menuの初回クーポンが増額中!

最大2400円クーポン配布中!

【menu初回2,400円分クーポン!】

初回クーポンコード

tpg-eg77s5

全国に進出中のmenuの初回クーポンコード(2400円分)です!

menu pass無料トライアルで送料無料!
ファミリーマート加盟店は店頭価格で注文可能です!

menuの注文アプリはこちら

menu(メニュー)-フードデリバリー

menu(メニュー)-フードデリバリー

menu, Inc.無料posted withアプリーチ

※当サイトクーポンコードは上記以外でDLした場合エラーになる可能性があります。

▼初回クーポンの使い方・配達エリアはこちら

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)|注文料金の仕組み

UberEats注文料金の仕組み

Uber Eatsの注文料金

  1. 商品代金
  2. 配送手数料
  3. サービス料ココを解説
  4. 少額注文手数料

まずは、サービス料を含むウーバーイーツの手数料の全体像を掴みましょう!

商品代金の他に、ウーバーイーツは3つの手数料がプラスされて注文料金になります。

今回は、この中の『サービス料』について解説していきます!

 

ウーバーイーツの手数料についてマルっと知りたい方は以下の記事をご覧ください!

▼Uber Eatsの手数料はこちら

関連記事Uber Eatsの手数料はいくら?仕組みから無料になる方法まで解説!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)|サービス料とは?

ウーバーイーツのサービス料

商品代金の10%

ウーバーイーツのサービス料は上記の通り。

商品代金に応じて、金額の10%が加算されます!

Uber Eatsのカートでは以下のように『サービス』という項目で掲載されています。

ウーバーイーツサービス料

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス料は改悪された?

Uber Eatsの料金改定(2019年)

  • サービス料を5%→10%に値上げ
  • サービス料の上限金額を設定
  • 最低配達料を160円→50円に値下げ

そんなサービス料ですが、『ウーバーイーツのサービス料は改悪された』という声が一部上がっています。

実は、2019年にウーバーイーはサービス料を5%から10%に値上げしています。

『普通に値上げしてるじゃん!』と思われがちですが、、

上記のように一方で料金を値下げしている部分もあるなど、改定前後の金額がほぼ変わらないように調整しているんですね。

 

また、ウーバーイーツはサービス料を10%に引き上げたタイミングでサービス料の上限金額を設けています。

次は気になるサービス料の上限金額を見ていきましょう!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス料の上限は350円

ウーバーイーツのサービス料

上限金額:350円

ウーバーイーツはサービス料の上限金額を350円に値下げしました。

この上限があることで、例えばご家族や友人とグループ注文するときなどは3,500円以上の注文からは実質お得になりますね!

 

ここまでウーバーイーツのサービス料の特徴について解説してきました!

しかし、商品代金の10%は決して安くない金額、、できるだけ料金を抑えたいところですよね。

 

実はウーバーイーツでは、サービス料がかからない店舗があるんです。

そんなサービス料がかからない店舗の特徴についてザッと解説していきます!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス料がかからない店はある?

Uber Eatsのサービス料がかからない店舗

  • テイクアウト対応の店舗
  • 自社配達の店舗

ウーバーイーツでサービス料がかからない店舗は上記の2種類。

それぞれ注文時の画面付きで解説しますので、見ていきましょう。

 

テイクアウト対応の店舗

テイクアウト対応の店舗で注文すると、サービス料がかかりません。

以下は実際の注文画面です。

【テイクアウト対応の店舗での注文時】

ウーバーイーツでテイクアウト対応の店舗で注文すると、サービス料が無料になる

テイクアウト注文の場合は商品代金のみが請求され、サービス料を含む全ての手数料はかかっていません。

 

自社配達の店舗

自社配達の店舗で注文する際もサービス料が無料になります。

例えば大手ピザチェーンなどが自社配達の店舗に該当しますね!

【自社配達の店舗での注文時】

ウーバーイーツで自社配達をしている店舗で注文するとサービス料が無料になる

こちらは自社配達のため配送手数料のみ発生しますが、先程と同様にサービス料はかかっていません。

 

ウーバーイーツでサービス料がかからない店舗は以上です!

 

とはいえ、テイクアウトができない場合や自社配達以外のお店で注文したい時もありますよね(笑)

サービス料は他の店舗ではなかなか安くできませんが、他の手数料を抑えてお得に注文する方法を解説します!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で手数料を抑えて注文する方法

Uber Eatsでサービス料や手数料を抑える方法

  • ウーバーイーツのキャンペーンを活用する
  • 配送手数料を抑える
  • 還元率の高い決済方法にする
  • Eatsパスに加入するおすすめ

ウーバーイーツでサービス料や手数料を抑える方法は上記の通りです!

手数料をお得にするだけでも、たくさんの方法があることがわかりますね。

特に、『Eatsパスへの加入』はオススメですよ。

▼Eats passをもっと詳しく知りたい方へ

関連記事Eats パス|Uber Eats のサブスクを徹底解説

 

上記の4つの方法の詳しいやり方は以下の記事をご確認ください。

▼Uber Eatsの手数料を抑える方法はこちら

関連記事Uber Eatsの手数料を無料にする方法を解説!

 

『でもサービス料も割引して欲しい!』という方に、

なんとウーバーイーツの初回クーポンならサービス料も割引対象になります!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の初回クーポンならサービス料も割引対象に

UberEats初回1200円クーポン【JPEATS300】

クーポンコード

JPEATS300

割引額 1,200円OFF
最低注文金額 なし
利用条件 Uberサービスを
初めて利用する方
対象エリア Uber Eats 全店舗
備考 1,200円以上の注文

╲ダウンロードはこちら/

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

▼初回1,200円オフクーポン!▼
JPEATS300

全国のローソン注文でも使えます!

タップでコードをコピー

JPEATS300

 

実際にこちらのウーバーイーツ初回クーポンを使って注文してみました!

【実際の注文アプリ画面】

ウーバーイーツの初回クーポンならサービス料も割引対象になる

クーポンが適用される1500円あたりで注文すると、商品代金とサービス料がまとめて割引されます!

さらに、配送手数料も無料になりますので、うまく使えばタダで注文できちゃいます(笑)

 

初回クーポンの使い方を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください!

▼初回クーポンの使い方はこちら

関連記事【最新】Uber Eats初回クーポンの損をしない使い方を解説

 

各社フードデリバリーサービスの初回クーポンもお得です

ウーバーイーツの初回クーポンはかなりお得ですが、、

各社フードデリバリーサービスの初回クーポンもお得さ満載です。

まだ登録したことのないサービスがあれば、早速クーポンをゲットしましょう!

 

▼各社初回クーポンまとめはこちら

 

▼Uber Eats以外の初回クーポンはこちら

 

ウーバーイーツのサービス料の解説は以上です!

最後に、ウーバーイーツとフードデリバリー各社の『サービス料』について比較してみました。

それぞれの特徴を見ていきましょう!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)と他社のサービス料を比較

サービス名 サービス料 上限金額
Uber Eats 商品代金の10% 350円
出前館 なし
menu 商品代金の10%
(小売店のみ)
なし
Wolt 商品代金の10% 300円
DiDiフード なし
ドアダッシュ 商品代金の10% なし

各社のサービス料は上記の表の通り。

多くのデリバリーサービスが『商品代金の10%』のサービス料を設定していますね。

また、上限金額の設定も様々なので少し注意してください。

各社の手数料をサービス毎に確認したい方は、以下の記事をご確認ください!

各社サービスの手数料はこちら

 

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス料

今回はウーバーイーツのサービス料について解説しました!

最後にもう一度、サービス料の特徴を振り返りましょう。

Uber Eatsのサービス料の特徴

  • 商品代金の10%
  • 上限は350円
  • テイクアウト、自社配達の店舗ならサービス料はかからない

他社サービスと同様、ウーバーイーツのサービス料は『商品代金の10%』です。

このサービス料は上限こそありますが、決して安い金額ではありません。

ただ、ウーバーイーツにはテイクアウトや自社配達店舗での注文などでサービス料を抑える方法もあります!
Eatsパスやキャンペーンなどの活用もお得に注文できるコツなので、是非試してみてくださいね。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

▼初回1,200円オフクーポン!▼
JPEATS300

全国のローソン注文でも使えます!

タップでコードをコピー

JPEATS300

 

▼ウーバーイーツの注文方法はこちら

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ちょもさん

▽社会人3年目のカメラマン兼ライター ▽専門商社→広告営業→フリーランスへ ▽2021年春からフードデリバリー加盟店営業&コンサルタントとして活動 出前館、Uber Eats、Wolt、menuなど幅広く配達パートナーもこなしつつ、 生の最新情報を皆さんにお届けします!

-ユーザー向け
-

Copyright© Delivery-Life , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.