ユーザー向け

Uber Eats(ウーバーイーツ)で利用できる支払い方法とお得な決済方法を解説

UberEats利用可能な支払い方法

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用したいんだけど、どんな支払い方法で決済できるの?

  • 現金やオンライン決済にも対応している?
  • 支払い方法毎のメリットや注意点は?
  • ずばりオススメの支払い方法は?

今回の記事はこういった疑問に答える記事です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では幅広い支払い方法が使えます!逆にどの支払い方法を選択すればいいの?と迷ってしまう事も。

本記事では各支払い方法のメリットやデメリットも含めて、Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法についてマルっと解説していきます。

オススメの決済方法もご案内しますので最後まで読んで頂けると嬉しいです^^

 

 

最大17500円クーポン配布中!

【menu初回2,500円分クーポン!】
21年5月:47都道府県にエリア拡大済!

クーポンコード

tpg-eg77s5

全国47都道府県に進出中のmenuの初回クーポンコード(2500円分)です!

menu pass無料トライアルで送料無料!
ファミリーマート加盟店は店頭価格で注文可能です!

menuの注文アプリはこちら

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu, Inc.無料posted withアプリーチ

更に!

【menu×17LIVEで15,000円分クーポン!】

menu17live15000円クーポン210830

menuアプリ内バナーからイチナナライブをダウンロードするだけで2000円クーポン

更に条件クリアで最大15000円クーポンがタダで全員配布です!

menuの注文アプリはこちら

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu, Inc.無料posted withアプリーチ

※当サイトクーポンコードは上記以外でDLした場合エラーになる可能性があります。

▼初回クーポンの使い方・配達エリアはこちら

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)|支払い方法は大きく分けて5種類

Uber Eats(ウーバーイーツ)で利用できる支払い方法は以下の5種類です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • オンライン決済(PayPayなど)
  • 現金支払い
  • Uber Cash

 

Uber Eatsでは利便性向上の為、支払い方法を徐々に増やしていますが、現在利用可能なのはこの5種類です。

但し、現金以外の支払い方法では規格やサービスによって「支払えるもの」と「支払えないもの」もあります。

それぞれ支払い方法を詳しく見ていきましょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法で利用できる規格・会社は?

各支払い方法で利用できる規格・会社を一覧にまとめました!以下をご覧ください!

支払い方法 規格・サービス 備考
クレジットカード MASTER/VISA/
DINERS/JCB/AMEX
デビットカード VISA/JCB(※) 一部大手銀行系
のみ利用可
オンライン決済 PayPay/LinePay/
Applepay/Paypal(※)
Paypal:PCのみ利用可
現金支払い

※Uber Eatsの公式ページでは利用可能な支払い方法について公開していませんので、今後告知なしに変更の可能性があります。

まとめて見るとUber Eats(ウーバーイーツ)では、かなり多くの支払い方法が利用できる事が分かりますね!
現金支払いまで取り扱っているので『スマホ一つあれば誰でも利用できるサービス』である事が分かると思います。

各支払い方法についてもう少し深掘りしていきます。

 

クレジットカードは大手5社を採用

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではMasterCardやVISAを始め、ほぼ日本で利用する方の多いクレジットカードは支払い方法として選択できます。

マイルやポイントも溜まりやすいですので、クレジットカードを良く利用する方にはいいですね!

 

デビットカードは利用可能なカードが限られる

特に「利用できるカード」と「利用できないカード」の判別が難しいのがデビットカード。

大手銀行系のカードが利用できる傾向ですが、利用できるかどうかは実際に登録してみないと分かりません。

▼Uber Eatsで利用できるデビットカード検証結果はこちら

 

オンライン決済も充実

オンライン決済は近年のアプリ利用拡大を受けてサービス提携を増やしています。

特に一番利用者の多い「PayPay」も20年5月より支払い可能になりましたのでより利便性が高まりました!

但し、PayPayやLinePayでは支払い連携がうまくいかない事もあります。。
そういった場合の対処法は以下の記事でまとめてますので、困ったときにはご確認ください^^

Pay Payはこちら

Uber EatsはPayPayで支払いがお得!連携方法やクーポンも解説

Line Payはこちら

Uber EatsではLine Pay(ラインペイ)支払いも可能!【エラー対処もあり】

 

 

現金払いも対応可能

UberEatsでは19年より大阪を始めとして現金払いの対応を進めてきましたが、現在は一部の新規エリアを除き、現金払いに対応しています。

利用者としては、支払い方法の幅が増えて嬉しいですね!

 

「支払い方法が豊富なのはわかったけど結局どの支払いを選択すればいいの?」と迷う方が多いと思いますので、『各支払い方法のメリットやデメリット』をこれから解説していきます。

 

UberEats(ウーバーイーツ)|カード払いやオンライン決済を支払い方法として利用するメリット

まずカード払いやオンライン決済を利用する場合のメリットは3点です。

  • 非対面での受取りも可能!
  • ポイント還元が受けられる!
  • 割引キャンペーンが多い!

 

非対面での受取りが可能【置き配対応】

Uber Eatsでは非対面での受け渡しサービス(置き配)も開始しており、カード払いやオンライン決済の場合は「現金の受け渡しが発生しない」ので、このサービスが利用可能です。

感染症のリスクや防犯面を気にする方には助かりますね。また非対面でなくても商品を受取りだけなので、手間がかかりません。

 

ポイント還元が受けられる

Uber Eats(ウーバーイーツ)での支払いでも各カード会社やオンライン決済のポイント還元が受けられます。
特にオンライン決済ではPayPayを始め還元率が優れているので、その分お得ですね。

 

割引キャンペーンが受けられる

こちらは期間限定になりますが、UberEatsでは特定の支払い方法で割引キャンペーンを実施する事も。

20年1月以降に実施されたキャンペーンについてまとめてみます。

キャンペーン

  • LinePay:初回利用で1,000円OFF(20年3月/4月)
  • 楽天カード:Uber初回利用で3回分配送手数料無料(20年5月)
  • PayPay:Uber初回利用で4回分300円OFF(~’20/6/30)
  • PayPay祭り:抽選で最大全額還元(不定期開催)

新規に支払い方法が追加されたサービスはもちろん、定期的にキャンペーンを実施しているので利用規約を確認しながら、一番お得なキャンペーンを利用するといいですよ!

現在実施中のキャンペーンやプロモーションコードは以下の記事でまとめていますのでご確認ください^^

 

UberEats(ウーバーイーツ)|カード払いやオンライン決済を支払い方法として利用するデメリット

2つのデメリット

  • トラブル時の返金処理が面倒
  • 使い過ぎに注意

こちらも少し解説を加えます。

 

トラブル時の返金処理が面倒

滅多にないですが、商品の損傷やお店の品切れなどにより注文後、デリバリーに対応できない場合もあります。

その場合、特にデビットカードの場合は決済時点で銀行口座から引き落としがかかるので、返金処理が面倒です。
Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターやサービス会社と良く連絡を取りながら返金の話を進めましょう!

サポートの連絡先は以下の記事をご確認ください^^

 

使い過ぎに注意

クレジットカードやカード連携しているオンライン決済の場合は引き落しまでにタイムラグがあるので、つい頻繁に利用しがちです。
自身の家計状況を意識して利用しましょう!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)|現金支払いを支払い方法として利用するメリット

次に現金支払いを利用する際のメリットについて説明します!

2つのメリット

  • カードを持っていなくても利用できる!
  • 支払い前のトラブルは返金処理が不要!

 

カードを持っていなくても利用できる

カードやオンライン決済はどうしても好きになれない!情報漏洩とか怖い!という方でも利用できるのが現金支払いの最大のメリットですね!

 

支払い前のトラブルは返金処理が不要

現金支払いを支払い方法として利用する場合は事前決済ではありません。
商品が到着し決済をする前にUber Eats(ウーバーイーツ)側のトラブルがありキャンセルになった場合は返金処理が不要です。

但し、自身の都合でキャンセルしたい場合は支払いが発生するので注意しましょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)|現金支払いを支払い方法として利用するデメリット

次に現金支払いのデメリットを3つ解説します。

3つのデメリット

  • 現金の準備やお釣りの受け取りが手間
  • 非対面では受け取れない
  • 注文制限金額がある

 

現金の準備やお釣りの受け取りが手間

商品の受け取りの際に現金で支払う事から、お金の準備やお釣りの受け取りが発生してしまいます。

特に配達パートナーはお客様に時間をかけさせないよう、お釣りを素早く渡そうとする為、お釣りの受渡し額を間違える事も稀にあります。

そういった際にはお客様サポートセンターへ連絡するなど、色々と手間がかかりますから多めに支払い過ぎていないか必ずお釣り額をその場で確認しましょう!

 

非対面では受取れない

現金での支払いはどうしても対面での受け渡しが発生します。現金支払いの場合はそもそもUber Eatsのアプリ注文で置き配は選択できない仕様ですね。

「現金払いだけど、どうしても非対面がいい!」という方はUber Eatsの配達パートナーにメッセージで「現金を外に置いておくからヨロシク」という交渉もできない事はないです。

そういった場合には対応してくれる配達員が多いでしょうが、支払いトラブルになりかねないのであまりオススメはしません。

 

注文制限がある

現金支払いの場合、未払いリスクがある為、注文制限があります。

以下の範囲でしか注文できないという事を事前に認識しておきましょう!

注文制限の内容

  • 注文上限額:1万円まで
  • 複数注文:不可

 

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)でオススメの支払い方法は?

それぞれの支払い方法にメリットとデメリットがありますが、やはりクレジットカードorオンライン決済がオススメです。

『受け渡しの手軽さ』と『ポイント還元/キャンペーンの実施』などが大きなメリットですよね!

とはいえ、どんな支払い方法でも利用できるのがUber Eatsのいい所です。

自身の好きな支払い方法を選択して快適なデリバリーライフを過ごしましょう!

まだ注文した事がないという方は以下の記事で画面付きで注文方法を説明していますので合わせてご参考ください^^

最後まで読んで頂き有難うございました!

▼他社の支払い方法はこちら

▼デリバリー全8社の初回クーポンはこちら

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Kazu

▽20年1月:メーカー退職→フリーランスへ ▽2020年3月~UberEats配達パートナー開始へ ▽配達実績:2000件以上 ▽注文実績:200件以上 現在はUberEats/DiDi Food/menu/foodpanda/Wolt/出前館のパートナーとして大阪で稼働中。 ブログ運営を通じてフードデリバリー業界のお得な情報/配達員にタメになる情報を中心に発信します。

-ユーザー向け
-

Copyright© Delivery-Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.