menu

menu(メニュー)デリバリーで配達員向け事故の保険・補償制度開始!内容検証と他社比較!

menu事故保険制度&補償

スポンサーリンク

ちょも
テイクアウト&デリバリーアプリのmenu(メニュー)で配達員向けの事故保険・補償制度がついに運用される事になりました!
  • 保険・補償の対象範囲や金額は?
  • バイクと自転車で違いはある?
  • Uber Eats 配達パートナー等の他社と比較するとどう?
  • 任意保険も入るべき?

今回はこういった疑問にお答えする記事です。

menu(メニュー)配達員の事故保険・補償制度がどのくらい有効なのか配達員として知った上で稼働しないと、万が一の時の対応に困ってしまいますよね。

Uber Eats 等、他社の配達パートナーと比べて補償内容を理解する事で、どの会社の配達パートナーとして働くか選択する上でも大きな指標になります。

本記事では他社比較も含めて、menu(メニュー)の事故保険制度について詳しく解説したいと思います。

  • 本記事は2020年9月23日時点のmenu配達員向け補償制度の内容に基づいています。
  • 他社の補償内容も含めできる限り最新情報を掲載しますが、保険/補償制度は生命の根幹に関わる部分ですので必ず公式情報の内容を確認するようお願いします。

 

本題の前におすすめ配達員の紹介です!

【出前館配達員】
期間限定スタートダッシュキャンペーン!

出前館スタートダッシュキャンペーン【220630】

【出前館スタートダッシュキャンペーン】

  • 内容:期間中の登録で基本報酬+30%UP!
  • 【関東エリア】~6/30まで
  • 【関東以外のエリア】6/1~7/31まで
    ※一部地域を除く
    ※詳細エリアは応募ページ参照


【出前館配達員の特徴】

  • 1件当たりの固定報酬
  • MAX:2,145円/件を超える高報酬!
  • フリーオンラインの自由な働き方

現在業界トップクラスの報酬単価が出前館!!

通常報酬:715円/件(関東)の高単価で、ブースト3.0倍UPまで発生中。

つまり配達報酬の単価:MAX2,145円!!

更にスタートダッシュキャンペーン中は基本報酬が30%UPします!

今のうちに配達員に登録して、高報酬をゲットしましょう!

公式ページでキャンペーンを確認

出前館配達員登録ページ

▼出前館配達員の登録方法はこちら
関連記事【出前館】配達員の登録方法を解説!

▼配達員の高報酬のヒミツはこちら
関連記事出前館配達員キャンペーンで超高報酬に!最新情報を解説

 

ちょも
それでは本編に進みます!

 

 

無料で配達中の保険に加入できる!

【フリーナンスあんしん補償】

掛け金は一切無料!
アマゾンギフトも貰える!

フリーナンスロゴ

フリーナンスあんしん補償の特徴

  • 無料加入だけで配達中の損害賠償保険に加入
  • 補償額:5000万円
  • 加入特典:1000円のアマゾンギフト券プレゼント
ちょも
今、配達員の保険で必ず入った方がいい保険がフリーナンスのあんしん補償です!

なぜおすすめかというと、無料加入するだけで補償が受けられる保険だからです。

『配達中』の損害賠償だけが適用範囲ですが、無料で事故補償を充実できるなら入らない手はありません!

今なら、紹介コード利用でアマゾンギフト券ももらえるので、是非加入しましょう。

\無料で損害賠償保険がついてくる/

フリーナンスの無料加入はこちら

▼紹介コード▼
tIDJ3I

アマゾンギフト券1000円ゲット!

 

menu(メニュー)デリバリー配達員の事故保険・補償制度の対象は?

ウーバーイーツ保険用画像

結論から説明すると今回「menu(メニュー)」で新しく導入される配達員向けの事故補償・保険制度は全ての事故に対して適用される訳ではありません。

ではどういう適用なのか簡単にまとめます。

ポイント

  • 加入資格:自転車配達員のみ
  • 保険・補償の適用:「配達中」に限定される

重要なポイントは上記の2点です。
各ポイントについて、もう少し補足していきます!

 

保険加入資格*自転車配達員のみ

「menu」の保険加入の資格者は自転車配達員のみに限られます。自転車配達員は「配達パートナーとして業務契約を結んだ」時点で適用される事になります。

適用に対して加入費用は負担する事はありません。

原付・バイク配達員に関しては適用されませんので、万が一事故が発生した場合には自賠責・任意保険で対応する必要があります。

特に原付・バイク配達員の方は『配達中』の事故は通常の任意保険は適用されません!!
menuの保険もありませんので『業務中』も保険適用できる任意保険へ切り替えがオススメです!

\バイク保険の見積もり比較はこちら/

バイク保険を無料で見積もる

 

保険・補償の適用:「配達中」に限定される

保険適用は「配達中」に限定されます。この点が非常に重要です。

menu(メニュー)では「配達中」という定義を以下としています。

ポイント

「配達中」=「配達受付」~「配達完了」

言い換えれば、リクエスト待機中に発生してしまった事故に関しては「配達中ではない」為、事故保険の適用外になります。

※リクエストがキャンセルになった場合は、キャンセル処理がなされた時点までが適用範囲です。

 

menu(メニュー)配達員の事故保険は2つの補償制度

menu(メニュー)の自転車配達員向けの事故保険は2つの補償制度があります。

2つの補償制度

  • 対人・対物賠償責任補償
  • 障害補償

『対人・対物賠償責任補償』は事故により、他人や物品に損害を与えた場合の補償制度。

『障害補償』は配達員本人の死傷による見舞い金の補償制度といった感じです。

それぞれ詳しく説明していきます。

 

menu(メニュー)配達員の事故保険|対人・対物賠償責任補償の内容は?

menu(メニュー)の「対人・対物賠償責任補償」は「配達中に他人を死傷させたり、物品を破損してしまい法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合」に事故保険で補償する制度です。

例えば、配達中に歩行者とぶつかり怪我を負わせた場合や、第三者の車両・物品に損害を与えた場合に適用されます。

ポイント

  • 補償額:上限あり(非公表)
  • 配達員に過失責任がある場合は適用されない場合がある

 

補償額:上限あり(非公表)

損害賠償の補償制度は補償上限額が公表されていません。

補償額は「賠償責任または障害の内容」に応じて上限あり、「menu」の調査による裁量で決定される模様です。

 

配達員に過失責任がある場合は保険適用されない場合がある

特に重要な部分が配達員に過失責任が認められる場合は保険による補償制度が適用されない場合があるという事です。

他にも法的根拠に基づかない請求や当事者間のみで示談交渉をされた場合など、一部の事例では適用されない旨が明記されています。

安全運転を心がけ、事故に遭ったらまず警察へ連絡・証拠保存が重要ですね!

 

menu(メニュー)デリバリー配達員の事故保険|障害補償の内容は?

障害補償制度は「配達パートナー自身が配達中に障害を負った場合に医療費や入院費等の見舞金を補償する制度」です。

主な内容は以下の通り。

ポイント

  • 医療見舞い金:最大40万円
  • 入院見舞い金:最大22.5万円(7,500円/日)
  • 死亡見舞金:1,000万円
  • 葬式費用:最大100万円
  • 後遺障害見舞金:最大1,000万円

通院/入院ともに日額はそれぞれ決まっていますが、それなりに手厚い補償が受けられます。

簡単に説明すると以上ですが、適用条件がかなり細かく規定されている為、詳細は「menu」の配達クルーに配布される公式規定を参照ください。

 

menu(メニュー)デリバリーの事故保険を他社と比較してみた【Uber Eats/DiDi food】

上記の補償内容を競合他社の「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と比較してみました!

各項目で比較できるようにまとめますので以下の表をご参考ください。

項目 内容 menu Uber Eats
補償対象 自転車 全車両
対人・対物賠償責任 補償上限 非公表 1億円
自己負担額 なし
障害賠償 通院費用 最大40万円
(
医療見舞金)
最大50万円
(医療見舞金)
手術費用
死亡見舞金 1,000万円 1,000万円
葬式費用 100万円 100万円
家族見舞金
(死亡時)
なし 最大45万円
(15万円/人)
家族見舞金
(後遺障害)
なし なし
入院費用 最大22.5万円
(7,500円/日)
最大45万円
(7,500円/日)

 

ポイント

  • 障害補償も他社より見劣りする(自転車配達のみ)

menuの事故保険の補償内容は、Uber Eats が20年10月に傷害保険の拡充をした為、他社と比較すると若干見劣りしている内容です。

他社の事故保険・補償制度に関して詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。

他社の事故保険制度はこちら

 

menu(メニュー)|自転車配達員でも任意保険への加入は必須

menuでは自転車配達員として働く場合、「配達中」の事故保険・補償制度はありますが、その他の移動中では保険がないです。

少なくとも「配達中」以外での事故リスクに備える為にも自転車保険の加入は必須と考えます。

また、近年では自転車事故の増加に伴い、条例で任意保険の加入を義務化している都道府県も増加しています。

「menu」の配達エリアでも21年11月現在、任意保険の加入を義務化エリアが多いです。

 

◆各都道府県の自転車保険義務化エリア

(引用:au損保)

 

menu(メニュー)で『自転車』配達員として働く場合の保険の選び方とオススメの保険

出前館の配達員(配達パートナー)に自転車配達員として働く場合の保険の選び方とオススメの保険を解説します。

 

自転車配達員の保険の選び方

ポイント

  • 対人1億円・対物1,000万円の保険適用
  • 事業用の保険か

自転車事故の損害訴訟の判例から見ると死亡事故による数千万円の賠償責任も稀に発生しています。

仮に加害者になってしまった場合に備えて、対人1億円・対物1,000万円の補償内容は不可欠と思いますので、保険加入の最低ラインとして考えましょう!

以上の内容からオススメの保険をいくつか紹介します!

 

【オススメ①】PayPayあんしん自転車保険【配達中以外】(140円~/月)

PayPayほけん

保証補償内容 基本プラン
(140円/月)
安心プラン
(190円/月)
損害賠償責任 1億円 1億円
死亡・後遺障害
保険金
100万円 100万円
入院保険金
(日額)
- 3,000円
通院保険金
(日額)
- 1,500円

PayPayあんしん自転車保険は140円/月~で賠償責任上限1億円の他、ご自身の入院補償なども少額ですが付与されます。

但し、『事業中』は適用されませんので、『配達中』以外で適用される保険という認識をしておきましょう。

またPayPay保険の掛け金は『PayPayボーナス』の還元対象です

PayPay保険詳細ページ

アプリからの加入のみ受け付けていますので、以下よりアプリにアクセスください!

╲PayPayアプリはこちら/

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

 

【オススメ②】フリーナンス安心補償(損害賠償保険)【事業用】(無料)

フリーナンスロゴ

保証補償内容 基本プラン
(無料)
損害賠償責任 5000万円
死亡・後遺障害
保険金
-
入院保険金
(日額)
-
通院保険金
(日額)
-

フリーナンスは個人事業主向けに先払いや保険を提供しているサービスですが、、

なんと無料で加入するだけで配達中に適用される損害賠償保険が無料で付帯されます!

掛け金も不要で損害賠償が補償されますので、無料加入がおすすめです!

さらに今なら加入時に紹介コード利用でアマゾンギフト券も貰えます!

\無料で損害賠償保険がついてくる/

フリーナンスの無料加入はこちら

▼紹介コード▼
tIDJ3I

アマゾンギフト券1000円ゲット!

 

【オススメ②】業務用自転車賠償責任保険【事業用】

さらに配達中の自転車保険を強化したい方向けです。

『業務用自転車賠償責任保険(施設所有管理者賠償責任保険)』に加入する必要があり、中々ネット上では取り扱い保険会社が見つからない状況です。

5000万円まではフリーナンスで十分ですが、1億円以上の補償額が欲しい方は『一般社団法人 自転車安全協議会』が代理店をしている自転車保険を推奨します

最安値は年額2,900円の加入費で対人・対物賠償1億円まで補償されますので、一度確認してみてはいかがでしょうか?

※逆に業務以外の保険適用はありませんので、一般の保険と併用がお勧めです!

╲業務用自転車保険内容を確認する/

自転車安全協議会公式ページ

 

※配達中はmenuの保険だけで十分!という方はこちらは不要です!

 

menu(メニュー)で『バイク・軽貨物』で配達する場合に必要な保険【自賠責・任意保険】

menuでバイク・軽貨物自動車で配達する場合は、

  • 自賠責保険証書
  • 任意保険証書(125cc超or軽貨物)

双方の提出が必要です。

バイク・自動車の方は任意保険に加入している方も多いと思いますが、こちらも通常は『事業中』は適用されません。

加入の保険はほぼ全て『事業用』の特約へ変更が可能かと思いますので、まずは、加入中の保険会社に問い合わせてみましょう!

もし、まだ任意保険に加入していないという場合にオススメの保険の選び方を解説します!

 

任意保険に加入していない方は一括比較がオススメ

正直、バイクや自動車保険は非常に多くの種類がラインナップされていますので、どの保険がコスパに優れているかわかりません。。

『保険の窓口インズウェブ』で無料で一括比較ができますので、試してみましょう!
業務用で比較する事も可能です。

╲無料で原付・バイク保険比較はこちら/

バイク保険を無料で見積もる

╲無料で軽貨物自動車の保険比較はこちら/

自動車保険を見積る

※自動車保険の無料見積もりで、ハーゲンダッツが必ず2個貰えます!

 

menu配達員で更に保険を充実したい方は労災特別加入もおすすめ!

ちょも
21年9月より、フードデリバリー配達員として働く方は労災特別加入もできるようになりました!

加入には月額の掛け金1,000~10,000円/月が必要です。

しかしながら金額によっては会社の労災と同等の手厚い補償を受ける事ができます。

menu専業の配達員や、家族がいる副業の方は労災特別加入もおすすめですので、検討してみましょう。

以下にmenuが理事を務める『一般社団法人 フードデリバリー協会』が推奨する労災運営会社を紹介しておきます。

掛け金や補償額は対象のサイトで確認してみてください!

労災特別加入の運営会社

 

まとめ

それでは最後に本記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • menuの事故保険は「配達中」「自転車配達員」のみ!
  • UberEatsと同等の補償制度!
  • いずれにせよ任意保険は加入必須!

最後にmenuの配達員は『個人事業主』です。
menuでも色々補償制度を準備してくれていますが、不足する部分は自ら行動して補う必要があります。

自分を守る為にも、相手を守る為にも、万が一の事を十分に考え働きましょう。

最後まで記事を読んで頂き有難うございました!
ちょも

 

menu(メニュー)配達員に興味がある方は以下の記事も是非ご参考ください!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Kazu

▽20年1月:メーカー退職→フリーランスへ ▽2020年3月~UberEats配達パートナー開始へ ▽配達実績:2000件以上 ▽注文実績:200件以上 現在はUberEats/出前館/menu/Wolt/出前館のパートナーとして大阪で稼働中。 ブログ運営を通じてフードデリバリー業界のお得な情報/配達員にタメになる情報を中心に発信します!

-menu
-,

Copyright© Delivery-Life , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.