Foodpanda

Foodpanda(フードパンダ)とは?仕組みや特徴を解説【日本進出】

Foodpandaとは

フードデリバリーサービスの「Foodpanda(フードパンダ)」ってなに?

  • どんな会社なの?
  • サービスの特徴は?
  • 配達員として働ける?

今回はこういった疑問にお答えする為の記事です。

まだ馴染みがない方が大半かと思いますが、「Foodpanda(フードパンダ)」は競争が激化しているフードデリバリーサービスの海外有力企業です。

本記事では日本進出を果たした「Foodpanda(フードパンダ)」について、サービスや配達員の特徴や配達エリアについてマルっと解説します。

この記事だけで、Foodpanda(フードパンダ)の基本情報は抑える事ができますので是非ご参考ください!

『私はFoodpanda配達員にだけ興味があるんだ』という方は以下の記事で配達員の基本情報から全て解説していますので、そちらをオススメします^^

 

 

foodpanda(フードパンダ)とは【20年9月に日本進出】

「Foodpanda(フードパンダ)」は日本で先行している「出前館」「Uber Eats」と同様のフードデリバリーサービスを展開している企業です。

海外では既に有名で特に東南アジア(タイ・マレーシア・シンガポール)などではシェアNo.1を誇る世界的には既に有名なプラットフォームです。

親会社は「Delivery hero(デリバリーヒーロー)」というドイツの上場企業で海外展開を積極的に行っており、「Foodpanda(フードパンダ)」はアジア向けのブランド名として位置づけです。

「Foodpanda」の日本進出は20年9月。
同ブランドの12ヵ国目の進出国として豊富な資金力を生かし、初期投資として30億円程度を日本市場に投入すると発表し、飲食業界では非常に注目されています。

また日本のサービス展開にあたり「Foodpanda Japan」という日本法人を設立し、独立したマネジメントをしていくようです。

 

Foodpanda(フードパンダ)|日本の配達エリア

「Foodpanda(フードパンダ)」が日本でサービス展開する配達対応エリアについて説明します。

各都市の配達エリア

Foodpanda(フードパンダ)は日本では地方都市からサービスエリアを拡大していく方針のようで東京以外の都市で続々と配達エリアを拡大しています。

9月17日より横浜市、名古屋市、神戸市、10月1日より札幌市、広島市、福岡市。

更に川崎市・大阪市でも営業を開始し、オープン予定の都市も多く控えています。

また「対象の都市以外についても2021年中には東京にも進出をめざすと発表していますので、かなり早いスピードでエリア拡大が進みそうです!

 

foodpanda(フードパンダ)のサービスの仕組み

Foodpandaの仕組み

「Foodpanda(フードパンダ)」のサービスを一言でいえば「出前アプリ」です。

「ユーザー」「レストラン」「配達員」をFoodpanda(フードパンダ)というプラットフォームを通じてマッチングさせ、好きな時間、好きな場所に欲しい料理を届ける事を実現させています。

「Foodpanda」がユーザーより料金を受取り、加盟するレストランと配達員に報酬を分配する事で3者に利益が渡る仕組みとなっています。

 

「ユーザー」「レストラン」「配達員」のメリットは?

対象者 メリット
ユーザー どこでも、好きな場所で欲しい料理を食べられる
配達員 面接もなく登録だけで、好きな時間に自由に働ける
レストラン 固定費不要でデリバリーサービスに参入できる

Foodpanda(フードパンダ)を利用するメリットは端的に説明すると以上の内容です。

「ユーザー」はどこでも好きな場所で多彩な料理を注文でき、しかも注文から早い時間で到着します。

「配達員」はアルバイトのように面接もなく、個人事業主として自由に働く事ができますし、「レストラン」も車両や人件費などの固定費が掛からずに、デリバリーによる新規顧客を開拓する事ができます。

そういった意味では双方に非常にメリットのあるサービスであるというのが特徴のサービスですね!

 

foodpanda(フードパンダ)のサービスの特徴

Foodpanda(フードパンダ)のサービスの仕組みについてはお伝えしましたが、類似サービスに対してのFoodpanda(フードパンダ)の大きな特徴について解説していきたいと思います。

日本でのサービス開始は間もない為、海外での展開を通じた内容になりますが、ご参考ください。

サービスの特徴

  • 中小飲食店に注力
  • 最短25分以内の配達を達成するAIの最適配車システム
  • 食事以外のデリバリーへの対応

Foodpanda(フードパンダ)の特徴について「Foodpanda Japan」の社長がインタビューで話した内容が上記になります。

特にAIの配車システムに自信があるようですので、「注文者」「配達員」「レストラン」3者に良い恩恵のあるサービスになればいいですね!

日本進出後、配達員として働いてみましたが、実際にはAI配車はイマイチです。(笑)
Uber Eats などの方が余程、配車を上手くマッチングさせ配達時間は短く設定できています。

しかしながら、食事以外のデリバリーとしては既にローソンが出店するなど、今後の盛り上がりに期待できます!

また、大幅な割引キャンペーンも日本のFoodpandaの大きな特徴です!
安く注文したいなら、フードパンダ!というのが現在の感想です(笑)

 

【注文者向け】foodpanda(フードパンダ)の注文は「Webサイト」か「注文アプリ」

注文者がどのようにFoodpandaで料理を注文し配達して貰う事ができるかについて簡単に説明します。

「Webサイト」もしくは「注文アプリ」で配達の注文が可能です。

Webサイトから注文する

以下のリンクより、Webサイトからの注文が可能です。

>>Webサイトはこちら

注文アプリから注文する

注文アプリは以下からダウンロードして利用しましょう!

╲注文アプリをダウンロード/

foodpanda-フードデリバリー

foodpanda-フードデリバリー

Foodpanda無料posted withアプリーチ

 

【注文者向け】foodpanda(フードパンダ)の注文方法

注文の流れ

  1. 住所を登録
  2. 注文するレストランを選択
  3. 料理を選択
  4. 支払い方法を決定
  5. 注文
  6. 商品受取り

以上の6ステップでfoodpanda(フードパンダ)で注文する事が可能です。

注文すると、リアルタイムで料理の準備状況や配達員の位置情報も把握できるので、到着時刻が読みやすく便利ですよ!

 

【注文者向け】foodpanda(フードパンダ)で利用できる支払い方法

foodpanda(フードパンダ)で利用できる支払い方法は「クレジットカード」「デビットカード」「現金」の3種類です。

PayPayやAU payなどのスマホ決済などは現在利用できませんので注意しましょう。

詳しいカード決済会社などを知りたい方は以下の記事をご確認ください。

 

【注文者向け】foodpanda(フードパンダ)にプロモーションやクーポンコードはあるの?

foodpanda(フードパンダ)ではお得に利用できるプロモーションやクーポンコードはあります。

オープン当初の現在は半額・75%オフキャンペーンや配達料無料など、積極的にプロモーションを行っていますのでチェックしてみましょう!

 

【配達員向け】foodpanda(フードパンダ)配達員の登録要件や車両は?

Foodpandaの配達員に登録する方法を説明します。

配達員の登録要件

登録要件

  • 18才以上
  • 日本国籍or在留資格のある外国人
  • 日本語が堪能である事

foodpanda(フードパンダ)の配達員は18才以上で日本に在住している方であれば誰でも登録可能です。

副業でも問題ありませんし、非常に門戸の開かれています!

 

配達可能な車両

配達可能な車両

  • 自転車
  • 原付orバイク(125cc超は事業用登録)
  • 自動車(積雪地域限定)

foodpanda(フードパンダ)の配達可能な車両は自転車と125cc以下の原付orバイクです。

126cc以上のバイクは事業用の登録が必要ですので注意しましょう!

積雪の地域限定で事業用の軽自動車の登録も開始されました!

 

【配達員向け】foodpanda(フードパンダ)配達員の登録方法

配達員登録の流れ

  1. 公式ページよりWeb登録
  2. 業務委託契約書にオンラインでサイン
  3. 専用配達アプリ「Road runner」をダウンロード
  4. サポート拠点で説明会受講
  5. 配達グッズを受け取る
  6. 登録完了

Web登録自体は30分程度で完了しますし、説明会も1時間程度です。

今なら配達グッズも無料で配布されていますので、興味がある方は登録しましょう!

╲15回配達で3000円ボーナス/

配達員に登録(公式ページ)

※当サイトのリンクより登録すると特別報酬の権利が付与されます。

当サイトリンクからの登録で特別ボーナスの詳細はこちらの記事でチェック

 

【配達員向け】Foodpanda(フードパンダ)配達員の大きな特徴

Foodpanda(フードパンダ)の配達員として働く場合に他社と大きく異なる特徴について説明します。

ポイント

  1. シフト制
  2. 最低時給保証あり

Foodpandaの配達員として働く場合はシフト登録が必要です。配達アプリから働く時間帯を登録する形でシフトに登録しないと配達リクエストが入らない形になっています。

必ずシフト登録したらその時間働かないといけないという事はありませんが、予定時間で稼働していないと配達ランクといわれる評価が悪化する仕組みです。

他社と比較すると働く自由度は幅が狭くなりますが、シフト時間帯は最低時給制度(1,000円/H)が設定されていますのでオーダー数に影響なく安定した給料が入ります。

※1/25(月)より名古屋・神戸・福岡エリアの時給保証制度は終了します。

 

【加盟店向け】Foodpanda(フードパンダ)の加盟店として出店するには

Foodpanda(フードパンダ)では加盟するレストランも積極募集しています。

現在はキャンペーン期間中で初期費用は「無料」、オーダー数に応じた「手数料の減額制度」もありますので効率的に売上・利益UPできる仕組みです。

「使い捨ての容器」と「箸などのカラトリー」を自前で準備すれば、後はFoodpanda側で設定してくれますので、興味があれば出店の申し込みをしてみましょう!

\出店申し込みはこちら/

foodpandaに出店する

 

 

まとめ|foodpanda(フードパンダ)の仕組み・特徴

今回はFoodpanda(フードパンダ)の仕組みや特徴について解説しました。

Foodpanda(フードパンダ)が日本で浸透すれば、フードデリバリー業界は益々競争が激化し、ユーザーはもちろん関係者全員に、よりメリットのあるサービスが提供されるはずです。

是非、日本に進出したFoodpanda(フードパンダ)を積極的に利用してみましょう!

最後まで読んで頂き有難うございました!

  • この記事を書いた人

Kazu

▽20年1月:メーカー退職→フリーランスへ ▽2020年3月~UberEats配達パートナー開始へ ▽配達実績:1500件以上 ▽注文実績:50件以上 現在はUberEats/DiDi/menuのパートナーとして大阪で稼働中。 ブログ運営を通じてフードデリバリー業界のお得な情報/配達員にタメになる情報を中心に発信します。

-Foodpanda
-

Copyright© Delivery-Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.